Nitta Lab.


下の関係図の各項目をクリックしますと、そのページへジャンプします。

研究内容関係図 議論解析支援 知的エージェント インタラクション 情報基礎 知能ロボティックス ライフインテリジェンス インタフェース 議論解析支援

議論解析とは,議論の発言記録から,話題の推移,対立する論証議論スキル,発言者ごとの役割などを明確化することを目的とする. われわれは,「あらかじめリストアップされた話題単位(Factor)を用いた発言の主要部の抽出」と,「発言中の単語の分布の偏りの検出」の2つのアプローチで研究を進めている.

インタフェース

人間とコンピュータの間でコミュニケーションする場合,文字情報,音声情報,視覚情報,力覚情報など,さまざまな種類の情報を利用する.

ライフインテリジェンス

オフィスや家庭に設置された様々なセンサを利用して,時々刻々変化する人間の生活に関する情報を観測できるようになった. われわれは,複数センサから得られる人間の挙動をマルチモーダル時系列データとして捉え,これらから頻出パターンや規則的なパターンを抽出・分析することで,生活水準向上に向けた知見の獲得を目指している. 現在,オフィスワーカの行動パターンとストレスパターンの相関分析・運転中のドライバ挙動の個人差獲得・対面コミュニケーションの非言語ルール獲得に関する研究に取り組んでいる.

知能ロボティクス

マニピュレータ・モータ等に関するハード面と知能情報処理に関するソフト面の双方の技術を統合して、実環境で知的に振る舞うロボットを実現するための研究が盛んに行われている. われわれは,知能ロボットの機能の内,人間とのインタラクション機能・WEBを通じた知識獲得機能に関して研究を行っている.

情報基礎

情報基礎は、高度な推論の理論や、マルチエージェントシミュレーション、生物情報処理、地理情報処理など、さまざまな応用技術を扱っている。

インタラクション

インタラクションとは、人間同士、あるいは、人間とコンピュータシステムとの間の対話のことである。

知的エージェント

知的エージェントとは、人間と知的な対話を するコンピュータシステムのことである。
われわれは、アニメーションで表現され、表情や身振りを行いながら、人間と対話をする知的エージェントを開発している。
過去の議論記録や、その発言時の表情や身振りの記録を利用して、知的エージェントは発言を行う。



topに戻る

Nitta Laboratory Department of Computational Intelligence and Systems Science Interdisciplinary Graduate School of Science and Engineering Tokyo Institute of Technology